• 未分類 男体山遠望 はコメントを受け付けていません。

    毎年恒例となっている「いしほうじミューズの森女声合唱団」訪問コンサートのひとつ、
    「北原クリスマスコンサート」が今年も12月24日に行われました。
    コンサート終了後に建物から駐車場に出てみると日光男体山がきれいに見られました。
    頂上付近は少し雲がかかっていましたが、何とか写真に収められました。
    ※写真をクリックすると拡大できます。

    男体山の遠望 ①

    男体山の遠望 ①

    男体山の遠望 ②

    男体山の遠望 ②

  • 未分類 下野人形 はコメントを受け付けていません。

    「下野人形(「ひとがた」と呼ぶそうです。)」について初めて知りました。
    下野人形は、小山市の無形文化財となっている「下野しぼり和紙」を材料として作られた人形です。
    下野人形家元代理・神谷昌子氏のホームページによれば「下野しぼり和紙は、奈良時代遣唐使によって中国から製法が伝えられ下野には弓削の道鏡により広められた」と記されていましたが、大変歴史ある材料を使用した人形です。
    「ひとがた」は、本来その人の身代わりとして病や禍を代わってもらうために作られるものでひな人形などがその例です。
    下野人形も愛好家により創作人形やひな人形などが作られているようです。
    中でも近年ひな人形は、「流し雛」として小山市観光協会がバックアップした催しものが実施されているようです。
    今回、団員さんのおひとりが写真のような人形を見せて下さいました。
    前述のように、このような人形があることを初めて知り、早速写真を撮らせて頂きました。
    詳細な作り方は兎も角として、しぼりをつけた和紙の風合いと人形の形が何とも言えない味わいのある印象を醸し出していました。
    是非ご覧下さい。

    ※写真はその上をクリックすると拡大します。

    正面からのショット

    正面からのショット

    斜めからのショット①

    斜めからのショット①

    斜めからのショット②

    斜めからのショット②

    うしろ姿

    うしろ姿

    斜め下からのショット

    斜め下からのショット

  • 未分類 2012年初雪です!! はコメントを受け付けていません。

    12月1日、前週に来たときにはまだ駐車場のイチョウは、たくさんの葉をつけていて、次に来たときにはきっと「黄金色の絨毯」になっているだろうと予測していました。
    案の定、門を入ると「黄金色の絨毯」とハラハラと散っているイチョウの葉が目に入ってきました。
    手前に駐車して、さっそく写真に収めました。
    常時いないため、きれいな絨毯が見られるタイミングはなかなか難しいのですが、今年は「まさに、絨毯の製造中」に当たりました。
    「枯山水」のドウダンツツジも前週より赤みを増して紅葉は真っ盛りでした。
    ところが、さほど時間がたたないうちに細かいあめが降り始め、みぞれになったかなと思う間もなく雪に変わりました。
    天気予報でも「宇都宮など平地も雪になることもある」と言っていたのですが。
    短時間に激しい降りになり、ミューズの森や枯山水の庭も薄っすらとした雪化粧となってしまいました。
    ここでは、紅葉と雪景色を見て頂くことになりました。
    ※写真の上をクリックすると写真は拡大されます。

    2012年の黄金色の絨毯

    2012年の黄金色の絨毯

    より赤みを増したドウダンツツジとモミジ

    より赤みを増したドウダンツツジとモミジ

    激しく降る初雪①

    激しく降る初雪①

    激しく降る初雪②

    激しく降る初雪②

    薄っすらと雪化粧した庭

    薄っすらと雪化粧した庭

    ナンテンの実にも雪

    ナンテンの実にも雪

   

Recent Posts

Recent Comments

  • こんばんは。いつもお世話様です。 筑波山...
  • こんばんは。いつもお世話になっております...
  • すみません409号は408号です。
  • 福住さま コメントを振り返り、読んで見...
  • 大谷様 今回は時間がなく残念ながらまだ現...