• 未分類 染の小道 はコメントを受け付けていません。

    またまたブログが続いていないとのご指摘を受けました。
    それ故と言う訳ではありませんが、久しぶりに投稿します。
    2月17日から19日までの3日間、新宿区の落合・中井地区では「染の小道」というイベントが行われました。
    この地域には妙正寺川という川が流れており、今は護岸が高くなっていますが、昔からこの川の水を水洗に
    使用して染色業が営まれていました。
    私も、護岸が整備される昭和30年前半くらいまでは川には反物が流されていたことを憶えています。
    そして、私の父親も染色業に関わっていたことから、戦前より落合に住んでいました。
    現在でも染色に関連する仕事をしている工房がいくつか残っており「伝統工芸士」として登録されている方も
    たくさんいらっしゃいます。
    さて、そのような歴史の街ですが、街おこしのために昨年から「染の小道」と題したイベントを開催しています。
    そしてメインのイベントが、今では染色には使われていない妙正寺川に江戸小紋や更紗などの染物を吊るして当時の面影を想像してもらという展示です。
    この他にも現代の染色家らが制作した「のれん」を商店の軒先に飾って染色の街をアピールすることも行われています。
    今年も75点ののれんがお店の軒先を彩っていました。
    また、今も残る工房では、それぞれの染色の技を実演し、見物に訪れた方たちに披露することも行われました。
    当日は、かなりまえから西武新宿線や都営地下鉄大江戸線でもPRをしていたこともあり多くの見物人で街が賑わいました。
    ひところは汚れた川でしたが、上流に処理場ができ、すっかりきれいに蘇り、冬にはカルガモなども泳いでいます。
    写真は、妙正寺川に飾られた染物の風景を撮ったものです。

     

    山手通りから見た妙正寺川

    川面に揺れる ①

    川面に揺れる ②

    川面に揺れる ③

    川面に揺れる ④

    川面に揺れる ⑤

     

     

     

     

     

     

     

    Continue reading »

   

Recent Posts

Recent Comments

  • こんばんは。いつもお世話様です。 筑波山...
  • こんばんは。いつもお世話になっております...
  • すみません409号は408号です。
  • 福住さま コメントを振り返り、読んで見...
  • 大谷様 今回は時間がなく残念ながらまだ現...