• 未分類 いしほうじ(石法寺)と鬼怒川水運 (3) はコメントを受け付けていません。

    石法寺河岸ができ、問屋業が行われるようになりましたが、河岸ではどのようなことが行われていたのでしょうか。
    一番上流にある河岸を「遡航終点河岸」といい、鬼怒川では、阿久津河岸がそれにあたりました。
    下野国で河岸の置かれていた川には、鬼怒川のほかに、那珂川、思川、巴波川、渡良瀬川がありました。中でも、鬼怒川の河岸の数が最も多かったようです。慶安四年(1651年)には42河岸のうち10箇所が鬼怒川川筋にありました。しかし、船が通るだけでは河岸になるわけではなく、問屋として経営を成り立たせるためには輸送品である年貢米(廻米)の確保のため諸大名へ働きかけ、御用荷物を扱うことが必要でした。
    上流の板戸、阿久津の両河岸は、宇都宮藩の廻米や御用荷物の運搬に関わっていました。石法寺河岸は、烏山藩の御用荷物を扱っていたそうです。
    鬼怒川川筋の河岸が輸送していた物資は米以外にも、大豆、小豆、大麦、粟、胡麻、辛子などの農産物、胡麻油、乾物、煙草、紅花、菜種、染料、竹、材木、薪炭、木綿、酒など多種でした。
    復路では、江戸で仕入れた日本各地の物資を積んで帰ってきました。
    これらの品々を輸送するに際しては次のような3つのルートが使われていた
    そうです。(図を参照にどのように運んでいたか見てください)
    水上交通のルート(常陸の道の歴史より)

    ①上流部の河岸では、東北地方の荷を請け、中流部まで川を下り、いったん陸揚げし、陸送により境河岸まで  運び、そこから再び船で江戸川を下り、行徳河岸から小名木川に入り、日本橋、浅草、蔵前へと運んだ。このルートでは、阿久津河岸を朝に発ち翌朝に江戸に着くという一昼夜の行程たったとのことです。
    ②上・中流部の河岸から鬼怒川を下り、利根川に入り、利根川を遡上し、境河岸に至り、そこから江戸川を下り、行徳河岸に至るルート。
    ③②と同じように鬼怒川を下り、野木崎河岸で陸揚げし、江戸川の今上河岸まで陸送し、今上河岸から江戸川へというルート。
    陸送の方法については不明でありますが、高瀬船の輸送力は、米俵で200~1200俵、小鵜飼船で25俵、馬では2俵、人1俵という比較がありますが、陸送する場合、荷馬車や荷車ではかなりの数が必要であったと推定でき、やはり遠回りしても船で運ぶ方が効率は良かったと思われます。
    さて、最初に紹介しました石法寺河岸の帆船に見られるように、鬼怒川水運に用いられた船は川筋の水量や水深によって異なり、上流部では、上川船と呼ばれる小鵜飼船が、下流域では、下川船と呼ばれる高瀬船が用いられていました。後に小鵜飼船は、利根川高瀬舟の技術を取り入れ改良され、帆走による長距離航行を可能とした、鬼怒川高瀬舟と呼ばれる船になりました。(写真の帆船はこの鬼怒川高瀬船とのことです。)
    しかし、水運は、やがて鉄道の開通により衰退していったようです。鬼怒川では、ほぼ鬼怒川に沿った真岡線や常総線の開通が大きな影響を与えたようです。ちなみに、真岡線は明治45年4月1日に下館-真岡間が、常総線は、大正2年11月1日に下館-取手間が開通しました。
    というわけで、問屋野澤家もいつまで問屋業を行っていたのか残念ながら判っていません。何かの機会があったなら、また調べてみたいと思っています。

  • 「いしほうじ」という語をミューズの森の前につける時、漢字で表すと「きっとお寺の合唱団だと思われるのでは」とのことから、ひらがなにて表示することにしました。しかし、「石法寺」というお寺は、実在したのか、どこにあったのか、ということは前から興味がありました。恐らく、以前からこの土地に住んでいらっしゃる方々はご先祖から伝え聞いてこられ、ご存知だったと思われます。
    さて、「おゝうちの民話」の「石法寺について(下篭谷・野澤一二さん記)」を見ると、石法寺が歴史に現れた年代で、確かな記述は、「元禄十年口上書」に見られる「慶長二年(1597年)に、宇都宮氏の家臣であった野澤伊予守が、主家の改易にともなって、石法寺に移り住んだ」というもののようです。この野澤伊予守が、「問屋野澤家」の祖とのことです。
    その後、寛文元年(1661年)、野澤太兵衛が石法寺河岸に初代問屋を開業したことが「野澤家文書」にあるとのことで、これらの時代には石法寺は「地名」として既に存在していたようです。
    また、下篭谷にある神明宮、本殿の柱の金具に「享保五年(1720年)八月吉日、下野石法寺村神明宮」との記載があるとのこと。
    更には、昭和三十年の古老からの聞き取りでは、石法寺というお寺が観音堂(下篭谷字神地二五九七番地)の北(現在山林)に存在していたようです。しかし、石法寺は檀家のない寺であったために、やがて建物は保守する人もなく壊れ、廃寺となったようであるとのことです。どのようなお寺であったのかは明らかではないですが、確かに存在していたことが判りました。 

    次は、「問屋」ができた背景とも言うべき、鬼怒川水運についてご紹介します。
    鬼怒川は、鬼怒沼山に源を発する長さ174.6kmの一級河川です。地図で流れを追っていくと、野木崎付近で利根川と合流しますが、江戸時代以前には、鬼怒川と小貝川は合流し、常陸川として霞ヶ浦を経由して太平洋に流れ込んでおり、一方、利根川は荒川と合流して江戸(東京)湾に注いでいたようです。(図を参照)
    江戸時代以前の関東の水系図
    徳川家康が江戸に入ると、江戸を水害から守るため、流域の湿地帯から新田の開発を行うため、水上交通網を確立するため、そして、要害となる高い山の無い関東にあって伊達氏、佐竹氏、上杉氏といった東北諸藩の侵攻に対する「外堀」の役目を持たせるため、などを目的に関東の河川改修事業が行われ、ほぼ現在のような水系になったようです。
    事業の一環として、寛永六年に鬼怒川の新流路開削、寛永七年の小貝川との分離工事が実施され、鬼怒川は利根川と合流し、利根川も霞ヶ浦を経由して太平洋に流れ込むようになったようです。
    ちなみに、鬼怒川は、宇都宮氏の祖でもある毛野氏から、毛野川(けぬがわ)とも呼ばれ、また緩やかな流れから衣川、絹川とも書かれていた、とのことです。
    徳川幕府となってからは、東北地方から水路や陸路により送られてきた年貢米や特産物、また近隣の生産物資を大型の川舟に積替えて江戸に送るため、主な河川には船着場(河岸(かし))が設けられました。
    鬼怒川川筋の河岸については、つぎの様な報告(鬼怒川の話)があります。
    慶長十四年(1610年)  阿久津河岸成立
    元和七年(1621年)   板戸河岸成立
    寛永五年(1628年)   柳林河岸成立
    寛永六年(1629年)以降、道場宿河岸、石井河岸、鏝山河岸、粕田河岸など成立
    明暦三年(1657年)    利根川東遷工事が完了し、現在の利根川水系が完成
    寛文元年(1661年)   石法寺河岸が正式に解説される(前記の通り)
    延宝六年(1678年)   石法寺河岸が茂木藩の廻米を伊佐山河岸まで請負ったという記録がある

    このように寛永から寛文初期にかけて新しい河岸が開設されたのは、野州の大名、旗本の廻米輸送の要請からと考えられている。     

                                                 

  • 未分類 いしほうじ(石法寺)と鬼怒川水運 (1) はコメントを受け付けていません。

    鬼怒川と石法寺河岸

    さて、今回は「いしほうじミューズの森」の「いしほうじ」とミューズの森の所有者だった野澤家の屋号「問屋」のいきさつについて紹介させていただきます。
    先日の「5周年記念コンサート」を機に、ご近所の方から、「こういう物があるんだけれど」と「おゝうちの民話」なる小冊子を見せていただきました。それは、「地区内の子供たちの郷土への理解と愛着を深め、自然や物を大切にし、思いやりのある豊かな心を持った人間に育ってほしい」という教育活動の一環として昭和63年度~平成元年度の2年間をかけて、古くから伝わる民話や言い伝えをまとめたものでした。この冊子を読んでいたら、「だんべい丸」、「石法寺について」という題がありました。
    「だんべい丸」の冒頭には、以前から家にあったこの写真(恐らく複写したものと推定)と同じ帆掛け舟の写真が掲載されていました。
    また、この地域には野澤姓や飯塚姓が多く、「問屋の野澤です」と屋号を伴って言わないと、誰だか判ってもらえない状況ですが、この写真と屋号から、先祖の野澤家は鬼怒川の水運を利用した輸送業のようなことを家業にしていたと以前聞いたことがありました。まさにこの辺のことについての記述があり、大変興味深く読ませていただきました。特に、石法寺については初めてのことがほとんどで、貴重な情報となりました。
    そこで、これらのことを紹介させていただこうと、更にインターネットで関連ありそうなところを調べてみました。すると、「常陸の道の歴史」の中でも同じ写真が掲載されており、この船が「高瀬舟」で「明治41年」の風景であることが併記されていました。そして、この写真の出典として、「結城・真壁・下館・下妻の歴史(2004年2月郷土出版社)」があることも判りました。恐らく、この本に、この写真の現物について何か記述があるものと思われます。この本は、国立国会図書館に所蔵されているので近いうちに確認したいと考えています。
    インターネットでは更に、「鬼怒の船頭鍋」、「鬼怒川の話」、「鬼怒川・小貝川の歴史」など鬼怒川の水運に関する紹介がいくつかありました。これらの資料を基に「いしほうじ」と屋号となった「問屋」に関連し「鬼怒川の水運」について整理してみました。しかし、長くなりそうなので分割します。

  • 未分類 最近のミューズの森・追伸 はコメントを受け付けていません。

    やっと前報の「最近のミューズの森」を書いたと思ったら、昨日(7/17)のミューズの森では、花々は更に開花し、より一層鮮やかでした。そこで、「追伸」とさせて頂きました。また、森の中ではヤマユリ、クチナシも咲いています。

    キキョウアジサイヒマワリとノウゼンカズラヒマワリヤマユリ

  • 未分類 最近のミューズの森 はコメントを受け付けていません。

     

    合唱団は、「5周年記念コンサート」を無事に終了し、新曲の練習を開始したようです。さて、ミューズの森では、夏本番を目前に、白かったアジサイの花が青紫の色を濃くし、ヒマワリ、ノウゼンカズラ、キキョウが咲き、夏の風情を醸し出しています。また、気の早いセミはもう土の中から這い出しています。一方、これからは、嫌われ者の草草もどんどん伸び、毎週草刈に追われる時期でもあります。ここでは、最近のミューズの花たちを紹介します。

    アジサイアジサイヒマワリ

    ノウゼンカズラ

    キキョウ

   

Recent Posts

Recent Comments

  • こんばんは。いつもお世話様です。 筑波山...
  • こんばんは。いつもお世話になっております...
  • すみません409号は408号です。
  • 福住さま コメントを振り返り、読んで見...
  • 大谷様 今回は時間がなく残念ながらまだ現...